リフォームをしよう

住宅のリフォームが必要になったら

リフォームを行う場面

住宅のリフォームを行う場面としては、中古住宅を購入したときがあります。新築の住宅に比べて、中古住宅は安く購入できます。中古住宅でも、リフォームを行うことによって新品同様になることもあります。中古住宅の購入費用とリフォーム費用を合わせても、新築住宅を購入するより安くつくことは多いですから、中古住宅を買ってリフォームするメリットはあります。また、新築住宅を購入した場合でも、年数が経過するとリフォームが必要になります。洗面所やトイレ、台所などの水まわりは経年劣化しますから、どこかでリフォームを考えた方が良い場合が多くなっています。また、長く暮らしていくうちにライフスタイルが変化し、リフォームを考えることもあると思います。たとえば、子どもができたので子ども部屋を作ったり、介護が必要になったのでバリアフリーにしたりといったリフォームもあります。

リフォーム業者を選ぶ

リフォームをすると決めたら、リフォーム業者選びをしなければなりません。家を建ててもらった業者にリフォームを依頼できることもありますが、リフォームはリフォーム専門の業者に依頼するケースが多いと思います。リフォーム業者の中には悪徳業者もありますから、信頼できる業者を見つけることが大切です。地域密着で長年営業を行っている業者があれば、ご近所で評判を聞いてみるという方法もあります。リフォーム業者はインターネットで探すこともできます。その場合には、実績がどれくらいあるのかといった情報のほか、事業者団体への加盟状況なども確認すると信頼性を判断しやすいと思います。リフォーム業者の候補が何社か決まったら、見積もりをしてもらい比較すると選びやすくなります。その場合には、単に値段が安いという理由で決めるのではなく、工事内容などをよく見て納得のいく額を提示してくれるところを選びましょう。