リフォームのローン

金融機関でリフォーム費用を借りる

リフォームローンを活用

リフォームをするとなると、まとまった費用がかかります。リフォームが必要だけれど手元にリフォーム費用がないという場合には、リフォームローンを利用するという方法があります。リフォームローンは、リフォーム費用を借りることができるローンです。ちなみに、中古住宅の購入と同時にリフォームを行う場合には、住宅ローンだけで一括して借りられることがあります。長年住んだ家のリフォームをするときには、住宅ローンは使えませんので、リフォームローンを申し込むことになります。リフォームローンは、銀行や信用金庫のほか、クレジット会社でも取り扱いされています。借入可能額は金融機関によって違いますが、500万~1000万円程度のところが多くなっています。金利は変動金利型のものと固定金利型のものがあります。なお、リフォームローンには無担保のものと有担保のものがありますが、有担保のものの方が金利は低く、借入可能額も多いのが一般的です。

リフォームローンの選び方

リフォームローンを選ぶときには、何よりも金利が気になると思います。金利は少しでも低いにこしたことはありません。ただし、金利以外の条件にも注意しておきましょう。たとえば、銀行のリフォームローンでは、利息のほか、保証料、登記費用、事務手数料、印紙代などの諸費用もかかってくることが多くなっています。保証料については金利に含まれている場合もありますから、金利を比較するときには注意しておきましょう。なお、リフォームローンには、団体信用生命保険が付いているものもあります。団体信用生命保険が付いていれば、ローン返済中に万一死亡した場合にも、残りのローンを支払ってもらうことができます。また、ローンの繰上返済を行う場合には通常繰上返済手数料がかかりますが、リフォームローンの繰上返済手数料が無料となっている銀行もあります。こうした点も考慮して、リフォームローンを選びましょう。